運営団体

医療法人 Acofeliz(アコフェリーズ)

     おがたファミリークリニック

     病児病後児保育室 doudou

Acofeliz(アコフェリーズ) スペイン語でAmor(愛 愛情)corazon(心 真心)familia(家族 家庭)feliz(幸福)という単語の頭文字をとり名付けました。

愛情をもって真心を込めて人に接し、その人のことを自分の家族のように親身になって考え、その人の周りの家族のことも考え、皆の幸福のために行動をするのがモットーです。

おがたファミリークリニックとしては内科、循環器内科、糖尿病内科、小児科の診療と在宅医療、予防接種や名古屋市の健診事業などを行うとともに、保育園や小学校、高等学校の学校医として、生徒と教員の健診、健康管理の助言、感染症予防の助言、一般市民の皆様に対する疾病予防の啓発活動、AEDを用いた蘇生救命法の普及活動、在宅医療にかかわる市民公開講座、小さなお子さまをもつお母様方を対象に子どもがかかりやすい病気や予防接種についての講演会などを行っています。 

町医者だからこその温かさ。私が医師を志したきっかけでもある、幼き時のかかりつけ医から感じた安心とぬくもりを、「町の相談役」として地域の皆様にお伝えしていきたいと思っております。

当院併設の病児・病後児保育室doudouは、大変な思いで仕事と育児を両立している「働くママ」のため、特に「子どもが病気にかかった時の仕事」は働くママにはとても悩ましい問題となっており、さらに当時は守山区はおろか、隣接する名東区、北区にも病児保育室がなく、はるばる遠方までいかざるを得ない状況でした。

「子供がいるから仕事ができない、働けないからお金がない」「お金がないから子供が育てられない」といった悪循環を断ち切り、安心して子供が育てられる社会になってほしいです。そんな働くママの一助を担うべく設立いたしました。

doudouとしては、病気、病後回復期で保育園や学校に通うことのできない子どもを、医師、看護師、保育士がお預かりしております。適切な医療、保育環境を提供し、安心、安全に子どもたちの保育に努めております。

おがたファミリークリニック
病児保育室doudou

お電話のお問い合わせはこちら。090-6616-2787開設日 10:00-15:00 [ 木2.4週・土1.3週・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ